• 生活習慣学習教材イメージ
  • 生活習慣学習教材イメージ

ごあいさつ

山代 寛 先生

沖縄大学人文学部福祉文化学科
教授

山代 寛先生

生活習慣の改善で長寿県復活をめざす!!

保護者の生活習慣を反映して朝食の摂取率、規則正しい睡眠習慣、親子の会話時間や夕食を一緒にとる割合など、沖縄県の小学生は全国最下位レベルです。また沖縄県の特徴である車による登下校、居酒屋での外食、過度の課外活動なども学習に影響を及ぼしています。この副読本で生活習慣の改善で長寿県復活と学力向上が見こめるということを沖縄県のデータに即してお示ししています。子ども達のモチベーションに火を灯し、さらには親世代の意識変革につながることを期待します。

「生活習慣」作成メンバー

「生活習慣」作成メンバー
「生活習慣」作成メンバー

副読本データ関連

全体版PDF  
分割版PDF 導入:長寿県沖縄が危ない /  小学校4年(生活リズム) /  小学校4年(食生活) / 
小学校5年(身体活動) /  小学校5年(睡眠) / 
小学校6年(タバコ) /  小学校6年(アルコール) /  小学校6年(健診)
関連資料  
活用素材